人を助けたい

医療関係の仕事に就く動機としてよく挙げられていることは、人を助けたいという思いです。この思いはとても大切なことだと言えます。そも そも社会人となったら社会に貢献する義務があります。まさに医療関係の仕事は人の役に立つ仕事と言ってもおかしくありません。

医者になれば人の命を助ける ことができる場合もあります。薬品開発に携わる場合にも同じことが言えます。新薬を開発することができれば、それによって多くの人の命を助けることができるかもしれません。このように、医療関係の仕事に就く動機としては人助けが一番に挙げられますが、もちろん他にも理由はあります。例えば、先祖代々、医者 の家系という場合には必然的に医者を目指すことになりやすいものです。

家業を継ぐような形で行うことがあります。それから、子どもの頃などに医者に命を助 けてもらったり、お世話になったりしたことがある人も医療関係の仕事に就きたくなるものです。医療関係の仕事に就く動機はたくさんあります。

資格を持てば女性も働きやすい

現在、医療関係の仕事は、とてもたくさんあります。医師はもちろん、看護師、介護福祉士、理学療法士などあげたらキリがありません。医療職というのは、特殊な職種ですが、どんな動機でめざしているのでしょうか。

小さい頃に、入院して医師や看護師に憧れた人、検査をしてもらって、検査技師を目指す人もいます。また、身近な人の介護を目の当たりにして、介護職に就く人もいるでしょう。医療関係の仕事に就く為には、大抵の場合、資格が必要になります。大半が国家資格になるのでそれなりの勉強は必要ですし、受験資格も必要な学校を卒業、もしくは卒業見込みがある事、単位がある事が必須です。中には、実務経験年数が必要な資格もあります。

試験は大変ですが、資格がある事は、就職に有利になります。近年注目されている介護士や医療事務は、子育て中の母親にも人気です。確実な資格がある事により、就職の選択の幅が広がる事は、医療関係の仕事をめざす動機の一つにもなっています。

親の影響

私の友人でも医療関係の仕事についている人というのは何人かいます。その友達をみていると親もそういった仕事をしているというのがほとんどです。そして友達に聞くと親がやっているからあなたも医療関係の仕事をしなさいと小さいころから言われてきたということです。

よく聞かれる小さいころに医者とかに命を救ってもらって自分も将来こういった仕事をしていこうと考えているのは私の周りの友達ではいなかったです。親も医療関係で働いていることから小さいころから英才教育をされてもう進路が決められているようだといっていました。

だからそれ以外の進路や夢を考えられなかったということを聞きました。だいたいそういった友達はお金持ちが多くて将来的には独立させる予定だということがありますし大学入学に関しても浪人しても問題ないという感じでした。さらに高収入を得られるというのにはあまり興味がないみたいでお金について興味がないという感じでした。